環境問題で私たちができること「リサイクル」と「リユース」について知ってみよう!

リユース、知らない間にしています

リユースをしていない人はいません

一度使ったものをゴミにしないで、何度も繰り返し使うことをリユースと言います。
使わなくなったベビー用品やおもちゃ、小さくなった子供の洋服を友人に譲って使ってもらったり、リサイクルショップに売ったりしたことはありませんか。逆に必要なものを友人や親せきからもらったり、フリーマーケットなどで買ったりして使った経験はありませんか?
もっと身近な事を例にあげましょう。シャンプーやリンス、洗濯用洗剤、食器洗い用洗剤の詰め替え用品を買ってきて、今まで使用していたボトルに詰めて使いますよね。
これです。ボトルをリユースしているのです。こういうことは、あなたもしていますよね。
「えっ、そんなことだったの。」と思った方も多いはず。
言葉になじみがないだけで、誰でもふつうにリユースしているのです。

リユースでおうちの中スッキリ

もう使わなくなったものは、リユースしましょう。自分が使わなくても、他の誰かに使ってもらいましょう。
コミックや文庫本、もう読まない本を古本屋さんに売りましょう。
子供の洋服、あまり着ないうちに小さくなった物がタンスの引き出しに詰め込まれていませんか。自分の洋服も、買ったものの着なかった、数回着ただけだったという物がありませんか?そういう洋服もリサイクルショップに持って行ったり、フリーマーケットで販売したりしても良いですね。
キッチン周りだと、ノベルティや引き出物でもらった食器やグラスセットが眠っていたりしますよね。こういう物もリサイクルショップ、フリーマーケット、バザーに出しましょう。
使わないまま家に置いておくのは、使えるものを使わないという、本当にもったいないことではないですか。他の誰かに使ってもらった方が価値がありますよね。もし売れれば、臨時収入にもなりますから、うれしさ倍増ですよ。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ