環境問題で私たちができること「リサイクル」と「リユース」について知ってみよう!

環境にやさしい生活していますか?

リサイクルはゴミの分別から

まず、ゴミを資源に変えるには、ゴミの分別から始まります。
皆さんのご家庭でも取り組まれていますよね。代表的なものをあげれば、ペットボトル、缶・ビン類、牛乳パックといったものでしょうか。自治体によって収集方法に違いがありますが、新聞紙やダンボール紙も対象になっています。
さて、資源として利用するためには、自治体のルールを守って分別することが大切です。なぜなら、自治体は回収した資源ゴミから余分なものを取り除き、種類別に分けてリサイクル事業者に渡しているからです。分別にしっかり協力しましょうね。

忘れがちですが、家電製品のうち、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機も家電リサイクル法でリサイクルすることが決められています。パソコンもパソコンリサイクル法で不要になったパソコンをリサイクルすることが決められていますから、注意が必要ですよ。

リサイクルで生まれ変わります

では、リサイクル事業者が資源に戻したものからは、どのような製品が作られているのでしょうか。
皆さんが一番ご存じなのは、牛乳パックからトイレットペーパーやティッシュ、コピー用紙が作られていることではないでしょうか。新聞紙やダンボール紙も、もう一度新聞紙・ダンボール紙になっています。
では、ペットボトルは何になっているのでしょう。もう一度ペットボトルに使われたり、卵のパックや食品トレイになっています。更に、糸として再生され、繊維製品つまり洋服などに生まれ変わっています。今あなたが来ている洋服も、ペットボトルだったかもしれませんよ。
缶は、アルミとスチール(鉄)に分けられます。どちらもまたアルミ缶やスチール缶に再生されたり、アルミは自動車部品に、スチールは鉄骨や鉄筋として建物や橋に使われていたりします。
身近なものや意外なものに生まれ変わっているので、驚かれたことでしょう。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ