子育て中のママに朗報!こんなサービスが登場したのです

働くママ(日本語を始め、ロシア語、スペイン語、中国語など、色々な言語で母親のことを指します)は子育てやしごとがあるので家事の手間を少しでも減らしたいもの、そんなママ(日本語を始め、ロシア語、スペイン語、中国語など、色々な言語で母親のことを指します)に嬉しいネットサービスを見つけました。

宅配業者が集配してくれるネットのクリーニングサービスがあり、宅配便に洗濯物を預け、クリーニング後は自宅まで届けてくれます。

宅配クリーニングが人気なのは洗濯物を宅急便で送るだけで、数日後にはクリーニングして綺麗になった衣類が自宅まで配送されてくる便利さからです。

24時間いつでもうけ付けている宅配クリーニングは、昼間忙しい共働き夫婦には便利なネットサービスです。

ネットで申し込み宅配業者を使って自宅に居ながらクリーニングができる宅配クリーニングが人気です。

しばらく使わない物を預かる貸し倉庫に宅配クリーニングを組み合わせた便利なサービスがあります。

衣替えに合わせてクリーニングに出すことが多いですが、仕上がって戻ってきた季節物衣服は置き場所に困る邪魔者です。

衣装(タレントさんや芸能人などの服をコーディネートする人をスタイリストさんといいますね)持ちの方に嬉しいのは宅配クリーニングに貸し倉庫を組み合わせたサービスで、季節物の衣服を宅配クリーニングに出した後、翌シーズンまでそのまま預けられ、タンスが満杯にならずに済みます。

対面式のクリーニング店は減少傾向ですが、宅配クリーニングやコインランドリーは年々増えていると言います。

コインランドリー店舗が増えているのは女性の利用者が増えてきたことがわけかも知れません。

子育て中のママ(日本語を始め、ロシア語、スペイン語、中国語など、色々な言語で母親のことを指します)や共働きの主婦は短時間で乾燥する大型乾燥機を使うためだったり、毛布や布団が洗える大型洗濯機が目的で利用者が増加しているのです。

コインランドリーでは女性がもっと利用しやすいようにとスタッフを常駐させたり、子供が遊べるスペースを設け、いまや主婦の井戸端会議の場と化しているようです。

自宅まで洗濯物を集配してくれる宅配クリーニングの良さを活かした布団の宅配クリーニングサービスもあります。

日頃は日光に干すぐらいしかできない布団の内部はダニやカビが発生していることがあります。

ふとんの丸洗いならダニがカビが除去でき、アレルゲン(花粉症の場合には、スギ花粉が原因となっていることが多いですが、他の花粉で起こる場合もあります)を減らせるのでお子さんがいる家庭でも安心。

長年使ってぺしゃんこになった布団もふっくらするので寝心地も良くなります。

ネットでは次々に新しいサービスが登場していますが米国では宅配クリーニングに旅行や出張むけサービスを組み合わせた斬新なものがあります。

旅行や出張時に必要な衣類の用意を全て任せられる「DUFL」で、旅行時の面倒な作業をまあまあ軽減できます。

[DUFL]でもはじめだけ旅に必要な衣類を送付しておく必要はあります、送付すると写真撮影、目録製作して保管されます。

出張時には泊まるホテルに衣服を届けるように「DUFL」でネットから必要な服を選ぶだけという手軽さ。

出張から帰ってきても衣類の後片付けは不要、使用した衣服はクリーニングして保管され、次の旅に備えます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です