リサイクルとリユースを例を挙げて解説!

環境問題で私たちができること「リサイクル」と「リユース」について知ってみよう!

リサイクルで資源を生み出そう

「あなたは、環境にやさしい生活をしていますか?」と問われて、「はい、しています。」とすぐに答えが出てくる方は少ないのではないでしょうか。
それでは、聞き方を変えてみましょう。「節電や節水、リサイクルはしていますか?」
これならどうでしょう。「はい、○○をしています。」と答えられますね。
先ほどの質問で、あなたが一番最初に思い浮かべた答えは、「はい、リサイクルに協力しています。」ではありませんか?今では多くの方が毎日の生活の中で、意識的・無意識的にしていることですから。
周りを見ても、リサイクルショップ、リサイクルマーク、リサイクル紙など、リサイクルという言葉は、私たちの生活の中に根付いていますよね。
けれど、リサイクルとは何をしているのか、理解していらっしゃいますか?
普段、何気なくリサイクルと言っている事が、実はリサイクルではないかもしれませんよ。いろんな事をひっくるめて、リサイクルと言ってしまっているからです。
「リサイクルって何ですか?」改めて質問されると、答えに困りませんか?

では、リユースという言葉を聞いたことはありますか?ご存知の方もいれば、初めて聞く方もいることでしょう。リサイクルに比べたら、まだまだ一般的とは言えない言葉ですから。
でも、リユースという言葉を知らないだけで、皆さん実行していることですよ。
これから「リサイクル」と「リユース」について、わかりやすく説明します。
この二つが分かれば、あなたの暮らし方も変わる!かも。


ページの
先頭へ